現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

カテゴリーから探す

キーワード検索


 


 

株式会社ERAペット事業部

栃木県宇都宮市御幸ヶ原町78番地21
TEL:028-660-2768
FAX:028-660-1821
info@wanwan-calm.com

生体保証

わんわんカームにおいてお迎え頂いた仔犬には、仔犬お渡し日から「生体保証」を全額無料で付保いたします。
全ての仔犬は獣医師による健康診断を受け、ワクチンを接種してお送りしていますが、生体ですので不足の自体が生じる可能性も否定できません。また、仔犬は特に親元を離れることでストレスを受け、環境の変化によりお渡し後の1週間から10日間は一番体調を崩しやすい傾向にあります。

譲渡日から1週間以内の伝染性疾患の発病により死亡した場合の感染源が各犬舎である事が証明された場合に限り獣医師による診断書の原本をご提示いただき、併せて各犬舎かかりつけの獣医師による診断書の原本をご提出いただき、その結果、因果関係が証明された場合のみ同種同等の仔犬を無償でご提供いたします。
また、譲渡日から30日以内に当該対象保証犬が死亡した場合には、獣医師による診断書の原本をご提示いただき、併せて、各犬舎かかりつけの獣医師による診断書の原本をご提出いただき、その結果により因果関係が証明された場合のみに同種同等の仔犬を無償で提供いたします。
保証の仔犬の提供を行うものであり、診断、治療等にかかわる費用は全てお客様のご負担となります。

請求権の時効は、当該対象保証犬の死亡より10日以内とする。

  1. 現金でのご返金保証は一切致しかねます。(但し、同種同等の仔犬を提供できない場合、その限りではありません。)
  2. 当方は保証期間終了後も一年間は保証に関する調査権を有し不正請求の事実が判明した時は代犬評価額及びその調査、回収に要した費用は飼養者(お客様)に請求することが出来るものとする。

生体保証請求時の手続方法

当該対象保証犬の死亡確認後3日以内に概要を当方へ連絡の上、10日以内に下記書類をお送り下さい。

  • 動物販売契約書
  • 獣医師による診断書の原本
  • 伝染病予防ワクチン接種証明書原本
  • 血統書(末着の場合は不要)

免責内容

次の各項に該当する場合については、免責(保証外)となりますので予めご了承ください。

  • 販売時に当店で行う飼養説明に反する飼育及び管理をした場合
  • 動物病院へ行く前に当店に連絡がなかった場合、また、病院名及び連絡先のご報告をいただかなかった場合
  • 生体が逃走・盗難・事故にあった場合
  • 無断で飼育地を変更、または第三者に生体を譲渡した場合
  • 治療の必要性が生じた時、又は、当店が治療を依頼した時に適切な治療を受けなかった場合
  • 他のペットが起因となって感染・死亡した場合
  • 飼養者が了解の上で脆弱(ぜいじゃく)な生体を購入された場合
  • 伝染病予防接種ワクチン末接種の場合
  • 天災、火災、事故、逃走、盗難による場合
  • 獣医師の治療を受けなかった場合
  • 飼養者の不注意、過失、故意による場合
  • 先天性異常による場合
  • 去勢・避妊手術が起因した場合
  • 飼養者以外からの補償請求
  • 補償請求に際して虚偽の申告があった場合
  • 国外で飼養した場合
  • ペット以外の目的で購入飼養されている場合
  • 死亡するに至るまでにかかった獣医師費用、医薬品代金、飼育費用、用品用具代金、診断書代金、交通費、人件費、美容代金、ワクチン代金、埋葬代金及び費用、上記に付帯する一切の費用

瑕疵(かし)責任について

売買契約時において、瑕疵を知っていながら告げなかった場合に限り瑕疵担保責任を負います。それ以外での瑕疵担保責任は一切負わないものとする。

保証責任について

上記、瑕疵担保責任は、あくまでも売買契約成立時に置いて隠れた瑕疵が存在した事が証明された場合の責任を定めたものですが、実際はその証明が困難な場合もあります。
隠れた瑕疵によりお客様に何らかの損害が生じた場合、育成の過程における病気や治療 など予想がつきません。又、掛かる費用も一律ではありません。
上記の治療などに関する費用は、共済並びにお客様のご加入いただく保険等で補っていただくことをお勧めいたします。

その他

前項を除き理由の如何を問わずお引渡しの仔犬の死亡・病気・返犬・交換・治療費等を含む金銭の請求、損害賠償の請求、当方に経済的負担を掛ける行為には一切応じられません。
仔犬譲渡時期において予測不可能な欠点、歯の噛み合わせ、サイズ、生殖機能の欠陥などについては責任を負いかねますので、予めご了承ください。

  • 成長過程で生じる歯の噛み合わせの不整合
  • 個体サイズ
  • 泉門の不閉
  • アトピー性皮膚炎
  • 臍ヘルニア及び鼠径ヘルニア
  • 股関節形成不全・その他形成不全
  • オスの片睾丸
  • メスの不妊症
  • その他後天的可能性を含む場合

日本において重要な人と動物の共通感染症

原   因疾患主な自然宿主感染経路
ウイルス鳥インフルエンザ(きん)、野鳥経気道
腎症候性出血熱齧歯目(げっしもく)咬傷(こうしょう)飛沫(ひまつなど(ふん尿由来)
日本脳炎ブタ、野生鳥類蚊の刺咬(しこう)
Bウイルス感染症マカカ属サル咬傷(こうしょう)、創傷、飛沫(ひまつ
E型肝炎シカ、ブタ、イノシシ感染動物の肉、汚染水系
細菌エルシニア症ブタ、犬、猫、齧歯目(げっしもく)経口(豚肉、ふんで汚染した水、食品)
カンピロバクター症ウシ、ニワトリ、犬、猫経口(ふんで汚染した水、食品)
結核ウシ、犬、サル経口(感染牛などの乳等)、経気道
細菌性赤痢サル経口(ふん口)
サルモネラ菌齧歯目(げっしもく)、爬虫類、家畜、鳥類経口(ふん口)
鼠咬(そこう)齧歯目(げっしもく)咬傷(こうしょう)、経口(汚染食品)
腸管出血性大腸菌感染症家畜、野生動物、犬、猫経口(ふんで汚染した水、食品)
猫ひっかき病創傷
パスツレラ症犬、猫咬傷(こうしょう)、経気道
非結核性抗酸菌症魚類(熱帯魚)、犬、猫、鳥類創傷、経気道
ブルセラ症ウシ、ブタ、ヒツジ、犬接触、経口、感染牛の乳など
野兎(のと)ウサギ、齧歯目(げっしもく)、犬経口(野兎(のと)肉、汚染水)、経皮、ダニ媒介
ライム病鳥類、齧歯目(げっしもく)、犬ダニ媒介
リステリア病齧歯目(げっしもく)、ヒツジ、鳥類経口(汚染食品、水、土壌)
類丹毒ブタ、ウシ、ヒツジ、魚類創傷、接触、経口
レプトスピラ病犬、ウシ、齧歯目(げっしもく)、野生動物経皮
Q熱ウシ、ヒツジ、ヤギ、猫、野生動物経気道(感想排泄物等の吸入)、経口(汚染乳)
日本紅班(こうはん)熱(リケッチア)齧歯目(げっしもく)(アカネズミ)、シカダニ刺咬
オウム病(クラミジア)オウム、インコなどの鳥類経気道(排泄物等の吸入)
真菌クリプトコッカス症ドバト、犬、猫経気道、経皮
皮膚糸状菌症犬、猫、齧歯目(げっしもく)、ウシ接触
線虫エキノコックス症キツネ、犬、齧歯目(げっしもく)経口(ふんで汚染された水、山菜、野菜)
回虫症犬、猫、ブタ、アライグマ経口(鶏・牛肝臓の生食、土壌中の虫卵)
原虫アメーバ赤痢サル経口(ふんで汚染された食品、水)
クリプトスポリジウム症ウシ、ウマ、齧歯目(げっしもく)、犬、猫経口(ふんで汚染された食品、水)
トキソプラズマ症猫、ブタ、ヒツジ経口(猫ふん、ブタ・ヒツジ肉)

遺棄の禁止

動物を捨てたり遺棄したりする行為は、法律で禁止されています。
上記に違反すると、動物を殺傷した者に懲役及び100万円以下の罰金が科せられ、水や食事を与えず衰弱される等のさまざまな虐待や遺棄にも30万円以下の罰金が科せられます。
これからわんちゃんを飼う際、ことによって掛かる時間やフード・ワクチン・フェラリア・衛生用品・病院の治療費等も十分に考慮の上、お迎えください。
毎日、餌も食べます。食べたり水を飲めばウンチやオシッコも出ます。子犬の間は、ちょっとしたことで元気がなかったり食欲を落とし、心配で獣医さんに掛かることもあるでしょう。わんちゃんは、生き物ですから突然のハプニングもあり、躾もしなくてはなりません。それらを毎日毎日繰り返す日々です。
心癒される大切な家族の一員であり、その大切な家族を守り世話をするのが飼い主様しかいません。
「かわいい~。」だけでは犬は飼えません。

Copyright 2009-2010 wanwan-calm,Inc ALL right reserved.